『木の葉つかいはどこいった?』【本|新品】

あきに なると
木の葉つかい(このはつかい)が やってきます
ながいマフラーを たなびかせ
ぼうを ふって 葉っぱたちに
すてきな とびかたを おしえるのです。
でも ことしのあきは……

『木の葉つかいは、どこいった?』

もしも 木の葉つかいがやってこなかったら……
いったい 木の葉たちはどうなってしまうのでしょうか?
だって いままでは 木の葉つかいにおそわって 飛んでいたのですから……



ひとそれぞれに それぞれの 人生の物語があるように
木の葉にも いちまいいちまい それぞれにそれぞれの 木の葉の物語があるのでしょう

やわらかい風を感じることができる本です

ぜひ あたたかいお茶を横に置いて 窓を開けて 読んでみてください
きっと あなたの心に あたたかい自由の風が吹き込んでくることでしょう



≪出版社さまのコメント≫
すがすがしいユーモアがあふれる、イタリア発の新感覚絵本です。どこか不思議なタッチのイラストで描かれる、ある秋の物語。葉っぱや木々の奮闘ぶりにクスッと笑ってしまうかも? 小さな葉っぱに勇気をもらえる、心にのこる一冊です。

≪落合恵子さん 推薦のことば≫
一枚のはっぱがおしえてくれる。 みんなとおなじじゃなくていい。
一枚のはっぱが背中を押してくれる。 「あなたは あなたのやりかたで」と。



著者について

作●ピーナ・イラーチェ(Pina Irace)
1967年、イタリア・ポジターノ生まれ。ローマを拠点に長年、舞台女優としてイタリア国内を飛び回り、結婚を機にレッジョ・エミーリアに移り住む。言葉を愛する彼女は、子どもや大人を対象とした演劇・朗読のワークショップを精力的に行っている。本書にて絵本の文章を初めて手掛けた。

絵●マリア・モヤ(María Moya)
1988年、スペイン・ムルシア生まれ。イラストレーター。ムルシア大学で美術を学び、イタリア・マチェラータの美術学校アース・イン・ファブラにて、出版イラストレーションコースを修了。イタリアの出版社ZOOlibri刊行の本書が、初めての絵本制作となる。2015年には同出版社より2冊目の絵本が出版された。現在、スペイン・ムルシア在住。

訳●小川 文(おがわ あや)
山形県生まれ。東京学芸大学卒業後、編集プロダクション、出版社勤務を経て、ヴェネツィアに遊学。第21回 いたばし国際絵本翻訳大賞(イタリア語部門)最優秀翻訳大賞を受賞。



『木の葉つかいはどこいった?』
First edition published in Italy by ZOOlibri in 2014
2015年8月31日 第1刷発行

文: ピーナ・イラーチェ(Pina Irace)
絵: マリア・モヤ(Maria Moya)
訳: 小川 文
出版社: きじとら出版

判型(約):縦275mm×横225mm×厚8mm
重量(約):400g
カラー/25ページ
ISBN-10 : 4908214034
ISBN-13 : 978-4908214035
販売価格 1,760円(内税)